YUU刊ニュース
IMG_9087.jpg

和田中を一人視察

日本で初めて民間人校長が誕生した杉並区立和田中学校に8年ぶりに訪問し、数々生まれた改革の「その後」についてお話を伺ってきました。 この学校では約10年前にリクルート出身の藤原和博氏が校長に就任して以来、土曜に補講を実現した「土曜寺小屋」、民間進学塾を学校内で放課後に実施した「夜スペシャル」など多くの挑戦が生まれ、全国屈指の改革校となりました。もちろん反対論もあった中で、地元住民の評価や学校...

⇒ バックナンバーはこちら
伊藤ゆう
1976年
12月2日生まれ(36歳)
両親共働きのサラリーマン家庭。三軒茶屋のマンションで育つ
1995年
成蹊学園高等部卒業
2002年
早稲田大学一文卒業
2003年
目黒区議会選挙、最年少当選〔26歳〕
NO!選挙カー運動で当選
2005年
東京都議会選挙、最年少当選〔28歳〕
議会改革事務局長に就任、議員年金廃止の意見書を取りまとめる。
2009年
東京都議会選挙、二期目当選
行政改革プロジェクト・チーム事務局長に就任し、天下り、外郭団体検証を行う。
2013年
東京都議会議員選挙次点惜敗
1200票差で惜敗し、捲土重来を期す
家族
妻、4歳の長女と2歳の長男を育児中。
イベント

現在のところ、決まっている催し等はございません。

認可保育園の候補地はあるの?

園庭が必要な認可保育園の設置基準はハードルが高く、用地の確保が大変だといわれてきました。しかし、未利用の都有地は目黒にもありました。たとえば柿の木坂2丁目の都有地です。600㎡を超す土地が未計画のまま、雑草だらけの空き地として眠っています。こういう土地を民間事業者に無償で提供すれば、用地費をかけずに保育園を増やすことは可能です。

『待機児童』は解消できる?

できます。 国では、民主党政権がこれまでも待機児童解消に向けてさまざまな政策に取り組んできましたが、今後は、国有地や都有地、空き教室、空き家の活用、また小規模保育やスマート保育の推進など、このような解決策を目黒区が導入しやすいように、私は東京都に働きかけていきます。

『待機児童』とは?

一般的に、認可保育園に申請したにも関わらず、満員等の理由から保育園に入園できない状態にある子どものことを指します。 厚生労働省によると、全国の待機児童は平成24年4月1日時点で24,825人に上っており、各地で認可保育園に入園できなかった保護者から区への異議申し立てが相次ぐなど、対策が急がれています。 ▼wikipedia『待機児童』 ▼厚生労働省『保育所関連状況取りまとめ(平成24年4月1日)』

⇒ もっと知りたい方はこちら